シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

賃貸契約の時、バカ正直に「退職予定です」と申告したことを激しく後悔しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ホント馬鹿だった。思い出す度に世間知らずだった自分が嫌になります。

「ずっと正社員だったし、ぶっちゃけ賃貸契約の審査とか気にしたことなかったわー」って人が脱サラするなら、この記事は読んでおいて損はないと思います。

わたしの場合、退職後はフリーランスになるか起業するかしようと思っていたので、しばらくは収入ゼロ。貯金と失業保険で食いつなぐため、少しでも固定費を抑える必要がありました。そこで、在職中(有給消化中)に港区の家賃9万5千円の分譲賃貸を引き払い、東京郊外のシェアハウス家賃6万5千円に引っ越しました。

この時の賃貸契約で、余計なひと言のためにその後激しく後悔するハメになりました。

無職って、本人は「ちゃんと計画も立てたし、貯金もあるからしばらくは大丈夫」と思っていても、周囲からは「深刻な状況」と見られます。信用ゼロなんです。

「今月末で退職予定です」のひと言が引き起こした大惨事

内覧して気に入ったので、その場で申込書の記入していた私でしたが、「申込人のご勤務先」に「あと数日で退職するけど、今の会社を書いていいのかしら?」と思い、不動産屋のお兄さんに確認したんです。

不「退職されるんですか? でしたら、次の就職先を書いていただいた方がいいですね」

私「えっと、、次は決めてなくて。しばらくはお休みしたいなーと」

内覧中はニコニコして住み心地の良さをアピールしていた不動産屋のお兄さんでしたが、明らかに顔がこわばりました。アレ、なんか不味いこと言った?と思った時には時すでに遅し。

不「なるほど。そういう方もたくさんいますので大丈夫ですよ。……えっと、ちょっと会社に確認しますのでお待ちください」

で、携帯を持って出て行った不動産屋がしばらくして戻ってきてこう言いました。

退職が確定している方に、年間契約はできません。

半年以内に再就職するというお約束であれば、3ヶ月ごとの契約(家賃全額前払い)ということで検討します。

あと、一時的にでも無職になるなら家賃保証会社の利用はできませんので、連帯保証人を立ててもらう必要があります。

その時は色々と確認して、金額的な負担は変わらない(更新料が余計にかかるとかはない)し、今から他の物件探すのも面倒だから別に良いやって思ってたんですが。。

契約更新が3ヶ月ごとってチョー面倒くさい

「やっと荷解きが終わって落ち着いてきたな」って頃に、不動産屋から電話が掛かってきて「次回の更新についてですが、申込書をお送りしましたので記載して返信をお願いします」だの「求職活動の方はどんな感じでしょうか?」だの言われるんですよ。で、再契約の度に「連帯保証人」に確認の電話がいくんです。

更新の1ヶ月前には手続きが始まりますから、実質2ヶ月おきにこんなやり取りが発生します。もうたまんないですようんざりですよ全然ゆっくりできないんですよ

これ、「退職予定」であることさえ明かさなければ、全く発生しないはずだったやり取りなんですよね。もう後悔しかありません。

無職であることを明かすことは、自身の立場を不利にするだけでなく、不動産屋にとっても迷惑千万だったんじゃないかと。だって、再契約の度に「審査」が発生するんですよ? わたしは家賃を滞納しないので、完全にムダな労力ですよ。でもわたしがバカ正直に言っちゃったら「聞かなかったこと」にはできないんですよね。彼らには上に報告する義務があるし、上に報告したら、当然「正社員」として1年契約なんかできないヨってなるんですよね。

不動産屋的には、家賃がきちんと回収できれば何の問題もないんですよ。契約時点で「正社員」であるなら、その後契約者が無職になろうが再就職しようが関係ないんです。あーあ、なんで退職するって言っちゃったかなーマジで。ちょっと考えればわかりそうなもんなのに。。。

あのひと言がなければ1年間はゆっくり出来たし、3ヶ月おきに親(連帯保証人)に電話が行くこともなかったんです。ちなみに、わたしは退職したことをずっと親に言ってなかったのですが、不動産屋からの契約更新の確認電話でバレました。バレた時は、、、もう目も当てられないですよ。良い歳した大人が、子供みたいに叱りつけられて。あぁぁぁー↓↓↓↓↓↓↓ってなりました。立ち直りましたけど。

独立のために会社を辞めたことを親に言うべきか、迷っている人へ

懸命な皆さんはこんな馬鹿なミスしないと思いますが、ご参考までに。

諸々、契約更新時に不動産屋に確認してみました

「半年以内に就職というお約束でしたが、パートやアルバイトでもいいのでしょうか?」

基本的には定職に就かれており、定期的に毎月一定のご収入のある方が対象となります。そのため、パート・アルバイトについては、内容を頂いてから審査部で判断する形になります。

「半年以内に就職していない場合、強制的に立ち退きになるのでしょうか?」

原則、仕事を見つけて頂く前提で3ヶ月契約をさせていただきますので、状況によっては契約満了を以って退去頂く可能性もございます。

「一年分の家賃先払い等で、一年契約にしていただくことは可能でしょうか?」

できません。

「連帯保証人は、契約更新時からでも保証会社に切り替える事は可能でしょうか?」

求職中の方は保証会社の利用が出来ませんので、切り替えることはできません。

また、現在フリーランスもご検討されているとのことですが、個人事業主・フリーランスの方については、入居審査の際に確定申告書等、別途書類の提出が必要になりますことを予めご了承下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク